モバイルSEO対策のアドバイス|社外SEOcommon

SEO対策のコンサルなら「SEO顧問」

運営会社:株式会社プレート

モバイルSEO対策のアドバイス

2018年に本格導入が予定されている「モバイルファーストインデックス」への対応について最適な施策をアドバイスします。今後モバイルSEOに関するアルゴリズム更新が頻繁に行われると予測しておりますので、お客様のサイトに合った最新情報のご説明を致します。

モバイルファーストインデックス(MFI)とは

モバイルファーストインデックス(MFI)は、従来PCページのインデックスを主として評価付けから、モバイルページのインデックスを中心とした方式にシフトするアルゴリズムのことを指します。PCよりもモバイルによる検索数が増えたことにより、Googleがモバイルユーザー向けに最適化されたサイトを検索結果で優先するようになったことが背景にあります。

主なモバイルSEO対策

モバイルページの作成

モバイル用ページのないサイトは、今後順位が大きく下がる可能性があります。作成の際には「レスポンシブ」「別URL」「動的ページ」の3種類がありますが、Googleは「レスポシンブ」を推奨しています。モバイルページ作成の際のSEOの注意点がありますので、最適な作成方法をアドバイスします。

URL最適化

GoogleがモバイルとPCの関係性をきちんと認識しないと、コピーコンテンツと見なされてマイナス評価になります。別URLでページを作成した場合、PCに対してはモバイルページからcanonicalタグを、モバイルに対してはPCページに対してalternateタグが必要になります。

PCページとの相違

モバイルページとPCページの表示に大きな違いがあった場合、Googleからきちんと評価されない可能性があります。特にPCページにあるユーザーにとって重要なコンテンツがモバイルページにない場合はマイナス評価に繋がります。見栄えとのバランスもありますが、極力PCとモバイルのコンテンツに違いがないように作成する必要があります。

表示スピード改善

モバイルファーストインデックスにおいて、モバイルページの高速化は必須項目になります。Googleの「PageSpeed Insights」を使ってスピードの問題点を洗い出し、画像圧縮やキャッシュの活用等でスピードの改善を行います。

PWAとAMP

Googleが推奨するモバイルページの高速化の施策に「PWA」と「AMP」があります。

「PWA」とは

Progressive Web Appsの略で、WEBページとアプリの両方の利点を生かした仕組みを指します。PWA対応をすることによって、従来のWebページより速度が速くなったり、アプリと違ってインストールが不要、オフラインでコンテンツが利用できたり等、様々な利点があります。

「AMP」とは

Accelerated Mobile Pagesの略で、モバイルユーザーのユーザビリティ向上のための表示速度高速化を目的とし、GoogleやTwitter等が共同で開発したHTML規格のことを指します。WebページのHTMLをGoogleやTwitter側がキャッシュすることによって、従来の読み込み速度より大きく改善された仕組みになります。

その他

モバイルフレンドリー以外にも、例えば長文のテキストなら目次の設置や、モバイルに最適なリンクの設置など、ユーザーにとってプラスになることはSEOにもプラスに働く施策になります。他にもユーザビリティを損なう広告表示や、読みづらいページはユーザーにとってもGoogleの評価としてもマイナスになりますので、細かなアドバイスも都度行ってまいります。