内部対策について

SEO対策のコンサルなら「SEO顧問」

運営会社:株式会社プレート

内部対策について

内部対策は、お客様のサイトがGoogleに正しく評価されるための最適化作業です。プロのWeb技術者やコンサルタントが、お客様のサイトとキーワードに最適な構成やコーディングのアドバイスをします。

title、メタタグの修正

title、メタタグの修正

SEOにおいて、titleやdescription、keywordsといったメタタグは順位に大きく影響します。重複した文言があれば全て修正し、SEOに最適なメタタグのご提案をします。
またユーザーを引きつける訴求力のある文言も重要ですので、最適化されたメタタグであっても必要に応じて指摘させていただきます。

コンテンツ構成・キーワード

コンテンツ構成・キーワード

現在のGoogleアルゴリズムでは、コンテンツとtitleと検索クエリの関連性が最も重要です。ユーザーが求めている情報が、オリジナルできちんと整理されて載っているか。テキスト内に自然にキーワードや共起語が含まれているか。ユーザーとクローラーの両面を意識した最適なコンテンツのご提案をします。

hタグの構成

hタグの構成

見出しにあたるhタグは、クローラーがコンテンツの内容を理解する際に非常に重要なタグです。h1,h2,h3…と続きますが、コンテンツに沿った正しいタグ付けが必要です。ユーザーが読みやすい章構成を踏まえて、最適なhタグに修正します。

コーディングエラー

コーディングエラー

W3Cが定めるコーディグルールに沿っていないHTMLは、クローラーが正しく読み取ってくれない可能性があります。表示上は問題なくても、SEOに重要なタグ(altタグ、canonicalタグ、rel="prev"等)の問題点は改善します。

ディレクトリ構成

ディレクトリ構成

ディレクトリ構造は、コンテンツの関連性に沿って正しく構成する必要があります。特に通販サイト等、ページが大量に生成されるサイトはディレクトリの最適化がSEOに重要です。クローラビリティを踏まえて、システムの改修も含めた形で理想的なディレクトリ構成をご提案します。

不要な外部リンク

不要な外部リンク

外部へのリンクを設置すること自体はSEOに問題ありませんが、リンクは外部サイトへの「推薦」なので、外部リンクが多いと、そのサイト自体の価値は低いと見なされます。不要なリンクは削除するか、nofollowを設置してリンクジュースを渡さないように対策します。