競合他社の分析レポート|社外SEOcommon

SEO対策のコンサルなら「SEO顧問」

運営会社:株式会社プレート

競合サイトの分析レポート

対策キーワードに沿って競合サイトのSEO対策の状況を詳しく解析し、お客様に情報を提供します。キーワードを実際に検索し、1〜10位の中でお客様のサイト(目的)に近いサイトを参照します。

解析レポートでは主に以下の項目を解析します。具体的にお客様のサイトと比較しながら、必要な施策をご報告します。

コンテンツ構成

対策キーワードで上位表示されているページのコンテンツの構成を解析します。「上位に表示されている」=「ユーザーが求めている情報」ですので、評価されているページの構成を参考にすることはコンテンツの改善において非常に重要になってきます。上位に表示されているページ参考にしつつ、オリジナルの内容を加味してユーザーにとって有益な情報を提供できるように考慮する必要があります。

回遊率

上位表示されているページの下層ページや、グローバルナビゲーション、サイドバー等のリンクの使い方や関連ページの構成を分析します。サイトの回遊率(1訪問あたりのページビュー)を上げることは直接サイトの評価に繋がり、滞在時間を伸ばすためにリンクのユーザビリティや読み続けたくなるような魅力的なコンテンツが重要になります。

ロングテール対策

競合サイトで上位表示されている対策キーワード以外のワードについても解析します。ビッグワードで上位表示を目指す場合、それに関連するミディアムワード〜スモールワードも上位表示されていることが必須条件になります。サイトごとにロングテールで上位表示されるキーワードは異なってきますが、お客様のサイトで上位表示化を目指すべきキーワードのご提案をします。また、こちらも同様にコンテンツの解析をします。

リンク

外部リンクの数や、リンク元のサイト等を解析します。外部から送られるリンクは、数が多ければSEOで良い訳ではありません。リンク元のページの質(PageRank)やサイトのドメインオーソリティの高さが重要になってきます。逆に低品質なリンクは無効化されたり、悪質な場合はペナルティの対象となります。お客様のサイトと競合サイトのリンクの質を比較し、お客様のサイトで外部リンク向上のために必要な施策や方法についてご説明します。

その他

その他、スピードの違いやSSL、モバイル対応等、細かいSEOの違いも最終的には差に繋がりますので、1つ1つ丁寧に見ていきます。また、SEO以外にも、CVに繋がりやすい施策や回遊率を上げる魅力的なコンテンツがあれば、具体例を出してご提案します。